トップページ > 保育園 > 巌保育園 > 保育の内容

保育の内容

保育目標

心身ともに健やかな子どもの育成

めざす子ども像

 ●健康で明るい子ども
 ●豊かな感性をもち自分らしく表現する子ども
 ●物事に意欲的に取り組み、やりとげようとする子ども
 ●友だちと人を大切にする子ども

保育方針

 活発な遊びや食育に関わる活動の機会を多く持ち、たくましい身体作りをする
 自然に触れ興味・関心を満たし豊かな感性を育てる
 さまざまな活動を通して自信を持ち、意欲が育つようにする      
 いろいろな人との触れ合いの中で豊かな人間性を育てる
                                     

巌保育園の特徴

 ●小規模園で家庭的な雰囲気のなかで保育しています。
 ●自然が豊かで、日常的に触れて遊ぶ環境にあります。
 ●継続して異年齢活動・リトミック保育に取り組んでいます。
 ●公民館や地域のボランティアグループ・福祉施設との交流を多く持っています。
 ●中学校区内の保育園との交流や小・中・高学校との交流は園児だけでなく職員交流も行っています。
 ●地産地消にこだわった手作り給食を自園の職員が作っています。
 
  

私たちの思い

『子どもたちが安心して過ごせる保育環境であり、存分に自己発揮できる保育園でありたい。』との思いから、私たち保育士自身が保育環境であると自覚し、子ども一人ひとりの思いを受けとめ、大切にされていることが実感できるよう、子どもたちに関わるようにしています。いろいろな遊びや活動に挑戦し、やり遂げる達成感を味わえる経験を多く持ち、自分に自信を持って欲しいと思います。
そして、子どもたちが、家族や友だち・地域の方との触れ合いや関わりの中で“生まれてきてよかった” “みんながいてうれしい”“友だちも周りの人も大切”と思える心が育つことが私たちの願いです。
また、子育ての喜びを共感しあうことができるよう保護者との心のつながりを大切にしています。
そして、子どもたちにとり、保育園で過ごした日々が、楽しかった思い出として少しでも残るよう、子どもの可能性を引き出すサポートをし、子ども自身がイキイキと輝けるような保育をしていきたいと思っています。
                                              



ページトップ